• sashi

アメリカでコンピューター言語を学ぶ

Updated: Jun 18, 2020

アメリカではほとんどの分野で、大きい会社はもちろんの事、小さい所でも

ソフトエンジニアを必要としています。アメリカと日本と比べて、ソフトエンジニアに対する扱いは、色々異なる所があります。まず、大きな違いは給料です。アメリカではソフトエンジニアはすぐに何年間の経験で$120,000から$130,000貰えるのも可能です。次に、こちらでは年齢を、

履歴書にかく必要がなく、また雇用者側も年齢を聞いてはいけないと法律で決まっています。 

更に、ソフトエンジニアの職業は尊敬されており、労働時間もフレキシブルで家から仕事を許可する会社もあります。では、どのコンピューター言語を、現在学べば仕事が取りやすいのでしょうか。 

下のチャートを見てください。現在、JAVAがTOPを確保しているのが分かります。


7つの最も要求されているプログラミング言語

1. Java

2017年と比べると、2018年のJava求人掲載は減少していますが、リストのトップに立っています。減少は約6,000件の転記であった。


2. Python

Pythonの場合、約5,000件の投稿が記録されました。マシンラーニング、リサーチ、データマイニング、ウェブ開発などのさまざまな目的で使用が増えているため、採用が増えています。


3. JavaScript

ウェブの言語であるJavaScriptは、求人情報の数を維持しており、近い将来この語の低下は見られません。


4. C ++

JavaScriptのように、C ++の人気は今年ほとんど変わりません。この古い言語は、多くのレガシーシステムで引き続き使用されており、ゲーム、ドライバ、ソフトウェア、クライアント/サーバーアプリなどの開発に広く使用されています。


5. C#

年間を通じて、Microsoftの自家製プログラミング言語C#は需要の減少を目撃しました。


6. PHP

去年の9位と比較して、PHPはチャートを多少上げることができました。ただし、これはPHPからの言語(例えば、JAVA) に更新する為にPHPの知識が必要されたとも思われます。サーバー側で使用されているこのスクリプト言語は、WordPressとWeb開発で幅広く使用されています。


7. Perl

Perlは、ほぼ3,000件の求人情報が掲載されており、需要の減少した言語でした。


プログラミング言語の2017年と2018年の比較チャートは次のとおりです。





332 views0 comments

Recent Posts

See All

ソフトエンジニアには特殊分野を除けばざッくりフロントエンドとバックエンドに分けられます。 フロントエンドの技術は主にユーザーインターフェース関係、HTML, CSS , Javascriptなど。 バックエンドの技術はRESTful、データベースなど。最近はフロントエンドとバックエンド両方の技術を持っているエンジニアが求められています。これをフルスタック開発者と呼びます。 求められる技術などは、大